千石岩

千石岩フリー4回目(大津京)

リベンジの平日・千石岩。
前回、団体さんがズーッといたので端っこの方ででしか岩に触れていませんでしたのでなんだかフラストレーションちっくなものが沸々としています。
ちくっと触って「いけそうじゃん!」と言っておきながらRP出来なかった オダハング 5.10c は今回こそはRPとらないと帰れない!というくら気合入れて登ります。いい感じなのですが、「なんかヌルヌルする?」と思ったのはハングしたのクラックが湿気ておりチョークアップした際、湿気とチョークがいい感じに混じってヌルヌルになっていたようです。気が付くまで上のガバが湿気ているとばかり思ってました。

ということで、湿気の場所に気が付いて対策したらあっさりクリアできました。

地元クライマーがロープでスラックライン
とんでもない体幹してます。写真の感じで前に行ったり後ろに行ったり・・・もう口ぽっかーんで言葉も出ないというか、息を詰まらせながら見学してました。
千石岩

バフフェイス 5.10a
地元クライマーさんによると何年か前にフェイス核心部分が欠けてしまい難しくなっているという噂。トポでは5.10aだけど5.10bはあるだろうね!との事。いちおうトップアウト(核心部分で豪快に落ちてビビりました)。まぁ3Pまでの下部ムーブがよくわからず左に逃げましたがピンの位置どおり右に登りあがるのが簡単で正解っぽいかなぁ?次回はRP狙います。
千石岩

JunjunさんもTRで挑戦。
でも最後にリード挑戦していい感じで抜けていきます。かなり安定感あったので、たぶん次回はRP・・・最悪でもトップアウトはできます。下部の人工壁っぽいムーブに苦労していましたが上部のスラブは得意そう。最後のハング乗越しにどれだけ力残せるかでRPかTOかが分かれるんでしょうけどね。でも前回のリベンジはキッチリ果たせたようでウキウキで帰路についていました。

クライミングシューズ追加

モカシム入院中のスキをついてクライミングシューズを追加してみました。使用目的はジム専用と思っています。モデルチェンジ目前(店員さんによれば色と材質が少し変更程度)で投げ売りされていたファイブテン・ハイアングルを14000円でゲットしてきました。

事前にレンタルで履いているためサイズ感は問題なくUS9(モカシムはUS7.5)です。ジムで割合長時間履きっぱなしにしていることが多いので多少緩めを選択しました。それに靴下派だし。US8.5なら少しきついので、いちいち脱ぎ履きしないといけないのは面倒。

そんなキツキツ履いてもシビアなルート登れるかというと・・・登れません。気合いれて頑張っています!といったところで所詮趣味程度のお遊びなんで、これでよいのだと納得納得、です。
ファイブテン 5.10 ハイアングル hiangle

森林食堂

京都てくてく&リソール

気が付いたら一番使用回数の多い愛用モカシム。リソールしたミウラのフィーリングがどうにもしっくりこないので仕方なしに履いていたらすっかり気に入ってしまった。なんせスリッパタイプだから脱ぎ履きがとってもしやすい。サイズも何時のまにかピッタリからユルめ?(ヒールフックすると脱げるけど)くらいになってくれたし。ジムでも外でも滑るなー?、リソーリしよう!と思い立って2か月ほど。気を付けていたけどつま先に少しだけ穴が開いてきました。
モカシム リソール

もう限界かも・・・これ以上やたらおっきな穴空いて修理不可も考えられるので京都三条にある凛靴という修理専門店にもちこんできました。ほんとはステルスソールを希望していましたが、取り扱いっていないようでビムラムソールのXSエッジ・XSグリップ・XSグリップ2からの選択。厚さは3~4mm が選べるようでした。せっかく京都まで来たので、フィーリングが一番地近そうな XS Grip2 + 3㎜ でリソール依頼を出してきました。
三条大宮・凛靴

行った順序は逆なのですが・・・
ちと遠い京都に来たので、二条あたりでお美味しいものを食べに行こう!とポチポチ検索して見つけたのが「森林食堂」JR二条駅から10分ほどの場所にあります。カレー専門店ですが看板も何もなく、店先には植物が客席をちょっと隠すような配置でおいてあるだけ。あやうく通り過ぎそうでした。
森林食堂

メニューはなんとなく ゆるい手書き です。
セロテープで破れを張ってある本来のメニュー?の品を注文したら「やってないんですよー」って雰囲気。自動的に手書きメニューの中から選ばないとモノがないです、ということの様子なので、オススメとある①+④と筍トッピングという誘導された通りの品を注文です。
森林食堂 メニュー

出てきたカレーは写真の通り、お米は赤米ブレンドです。インドカレーとは違いますがスパイシーなカレーでしてパンチ効いておりとっても美味しいです。トッピング筍も旬の味なんでGood、でも筍はカレーより先に食べたほうが良いですね。
森林食堂 カレー

森林食堂

千石岩フリー3回目(大津京)

ほぼ1年ぶりの千石岩へフリークライミングにいってきた。今回の目的はバフフェイス&オダハングをやっつける!気が向いたらけいちゃん頑張れも触ってみようとウキウキで待ち合わせ時間30分前にJR大津京駅に到着。千石岩まではゆっくり歩いて30分ほど。暑いしけっこう急斜面なので疲れないようにゆっくり歩きます。それでも千石岩には一番乗り!です。でもすぐに10名ほどの団体さん。YMCAのオリエンテーションと思われる子供たちがやってきてとても賑やかな岩場になりました。

さて、適当にある名無しルートでアップ。
千石岩 名無しルート

岩場のてっぺんからは琵琶湖と大津市街が一望出来てとても気持ち良い。
千石岩

バフフェイスに行こうとたけどメインフェイスは団体さん&地元クライマーがわんさかいるので、ノースフェイスのブックエンド5.10d、クリンクリン5.8、ルート2015.101a 周辺で遊びます。初めクリンクリン5.8NP ならカムセットしながら行けるだろうと高をくくって登り始めましたが、「誰や!このルート5.8って言ったやつは!」と悪態ついて(ビビってしまい)TRに変更。ちょうど同じ終了点を使うブックエンドもついでに登りました。クリンクリンは、NPセットもあるのでロープ引っ張って疑似リードしながらセットしていきます。やはりカムの選択やらセットやらで手間取りなかなか上手く行かないのです。
千石岩 クリンクリン

でもって、なかなかメインフェイスが使いないのでオダハングへ移動。地元クライマーの登りを見学してmiyaちゃん特製お弁当を頬張ります。美味しい!miyaちゃんありがとうです。腹ごしらえもしっかりできてクライミング再開。ノーマルルート5.7を登って(1年前よりかなり簡単に感じた)、オダハング5.10c に登ります。地元クライマーの登りを見せてもらったのでハング乗越しあたりの動きは大丈夫。でも開脚と横倒しの2種類のムーブがあってどちらが良いかは不明。今回は開脚タイプで登ってみました。身長あるせいか思いのほか楽に乗越しできました。乗越し途中で右足を上げニーグリップを決めてしまえば右奥のガバまですぐ。今回は1テン掛けちゃいましたがムーブも雰囲気もわかったので次回はRP取りに行きます。
千石岩 オダハング

千石岩 おべんとう

オダハング失敗、もうちょっとニーグリップきめたら完ぺきだったのに・・・
あとロープをまたぐ動作もまどっこしいなぁ~もうちょっと事前に動きを考えないと。

ウマノリカンテ

北山公園ボルダリング

会のみんなと+ぺミカンの2人といっしょに北山公園ボルダリング。なんだか集合が悪くって結局9:30ごろ現地集合みたいな形になってしまった。ちゃんと計画書発行してんだけど、フリーダムな雰囲気で始まりました。

ほとんどの人が北山公園お初です。初級者のくせに私が案内役みたいになってしまいまいした。いちおう北山公園といえばショーギか初級スラブでしょ!でもショーギはちょっと無理そうな感じなので初級スラブから。こんな感じですよ、とサクッと登ってお手本です。簡単に登りすぎたのか?あまり見てくれていないような・・・。まぁ自分でやってみれば分かるかなぁ、と思いまして、あとは各自取り付いてもらうことにします。

こちらの予想通りキッチリ「え・え・えーーーー!?」と手も足も出ないようで「ほっと一安心」です。内心、サクサク登られたらどうしよう!と思ってましたが杞憂でしたね。結局1時間半ほど入れ替わり立ち代わり頑張っていましたが登れたのは前回完登した Junjunさん だけ。みなさんには次回以降の宿題ということで持ち帰ってもらいました。
初級スラブ

続いて、今度は登ってもらわないと困るバーカーヘッドスラブ。初級スラブよりは手も足もあるので出だしムーブと1歩目だけ解決すればそんなに難しくないと思っています。みんなであれこれムーブ解決、一人がバンドに乗れたらあとは次々同じように乗り上げるまでは大丈夫そう。でも1歩目が滑って乗り込めない・・・。会長はツルツルスタンスに乗ってみろ!って言ってるし。それでも、会長が言った場所と異なるスタンス(結晶)を掴んで乗り込んいく感覚が次第に分かってきたみたいで2人クリア。ともに外岩ボルダーお初のFLだったそうです。私といえはヒールフック(5級)で遊んでから、会長にバーカーワンムーブ(5級)とホールド(5級)、出来もしないけどトラバース(初段)のレクチャーをしてもらってました。

しばらくしてまったりしてきたので、会長オススメののり弁・ウマノリカンテ(3級)レクチャーをお願いしました。こいつは、登れなかったけどすごーっく楽しかった。良い課題を教えてもらいました。今日は登れなかったけど根本的に次元が違うというわけではないです。もう一つ何かを掴めばゴールできそうな課題です。めっちゃ燃えてきました。ボルダリング面白い!とあらためて思います。因みに離陸できたのは私だけ!(`・∀・´)エッヘン!! です。
ウマノリカンテ

最後は木下フェース、ここの右(4級)はすでに登っています。今回は中(4級)ムーブを教えてもらってやってみましたが引手のパワーが足りないのか乗り込むこともできませんでした。腹いせに右(4級)を登ってみましたが、会長から「リーチ課題や!それやったら6級やなぁ~」とか突っ込まれましたが、登れたものは登れたのです。しかし、残念なのはぺミカンOさんのシューズのつま先が完全に穴が開いてしまい使い物にならなくなっていました。たぶん穴が大きすぎてリソールもできないくらいのダメージを負ってました。でもOさん、バーカー課題登れて収穫あったし大丈夫ですよね!
木下フェース右

めじろ様の爪とぎ棒に麻縄巻き直し

さてさて、しばらく前から気になっていたキャットタワーの支柱兼爪とぎ棒がボロボロになってきており修理することになりました。
素材は麻縄っぽいのでほぼ同じ太さのものをアマゾンで購入。購入レビューをパッと見たら殆ど同じ目的で使用されていまいした。なんだかほっと一安心です。
爪とぎ 巻き直し 麻縄

ということで、まずは元々巻いてあった麻縄をほどきました。
巻き始めと最後には4~5か所長めのタッカー(でっかいホッチキス芯)が刺さっています。こいつをマイナスドライバーで引っ剥がして、あとはパラパラ外していくだけ。
爪とぎ 巻き直し 麻縄

今回使用したタッカー。
以前、バイクシートの修理に使ったダイソー謹製の安物タッカーです。でも麻縄の径が6mm、芯の長さが7㎜という微妙な感じでした。元の芯は10mm以上だったので出来れば同等の長めの芯を使えれば最適だと思います。でも今回はコイツしかないんので、木工ボンドと併用で作業します。
爪とぎ 巻き直し 麻縄

作業はいたって簡単、でも結構パワー系&時間掛かります。
そして思った以上に麻縄の長さが必要でした。用意した6mm・30m麻縄は支柱1本半しか巻くことができませんでした。4本なら100mは必要かと思われます。苦肉の策で、傷みの激しい支柱を1本は完全巻き直し、もう1本は半分巻き直し、で対処します。
爪とぎ 巻き直し 麻縄

巻き直した爪とぎ棒と傷んだものの比較。結構えっへん(`・∀・´)エッヘン!! な出来栄えでしょ!
爪とぎ 巻き直し 麻縄

bty

烏帽子岩フリー(例会)

久しぶりに例会参加させてもらいました。
GW2日目で超快晴です、朝一番のJR道場駅もクライマー&ハイカーで賑わっていました。

最初に結果報告だけ、
・イナバウアー 5.10b × → 〇 RP
・凹状NP 5.7 〇
・タイムトンネル 5.10a 〇 RP
・いじわるオヨね直登 5.10b 〇 RP
・おばあちゃんのボタボタ焼き 5.10b TR × (ちょっと厳しそう)
・瞳を閉じて 5.10a 〇 OS
bdr

さて、今日の目標はイナバウアー 5.10b のRP&どこかのルートでNP練習。難し目のルートにもそろそろ挑戦していきたいのですがアルパイ用にNP技術も同時に練習したいという贅沢な目標です。さて、アップ?どこで?と思ってましたが烏帽子岩は結構なクライマーでルートが埋まっています。junjunは夕日コーナーでアップのようですが、私は・・・イナバウアーへ直行です。アップとかもうエエかぁ?みたいな雰囲気で今日の目的の1つへ突撃。まさかの出だし1手目フォールという情けないスタート切ってしまいました。気を取り直して最初からやり直し!なんとかRPとってご満悦です。

イナバウアーは上部ムーブで左手側から回りくどいムーブで登るのが一般的ですが、私がやると身体が大きすぎるせいでどうしても左足が畳み込めず窮屈。前回ためしてみた、左カチを取ったら一気に右足をハイステップして身体を持ち上げるムーブで乗り切りました。下の方では「あれで、上がるんや~」と規格外ムーブを褒めてくれているのか???な雰囲気です。でも自分ではわりと安定した体制で上がれてるのでOKです。

でもって、オヨね直登5.10b をと思いましたがヌンチャク掛けっぱなしで・・・だれも居ない。仕方ないのでもう一つの目標、NP練習にみなさんお付き合いいただきました。「瞳を閉じて 5.10a」がお勧めの会長をしり目に、ビビッて凹状5.7というチャラいルートで1発目いきます。
bty

短く簡単すぎて、会長指摘のとおり「NPの意味ないやろー!」って感じでした。

そんなこんなで早くもお昼。気を取りなおしてタイムトンネル 5.10a をサクッとやって、いつまでもどこなパーティかわからないけどヌンチャク掛けっぱの オヨね直登 5.10b もRP。
いちおう周りのクライマーには声かけてから登りましたよ。

でもって、本日のメインイベント。お初ルートの おばあちゃんのボタボタ焼き 5.10b に会長がロープ張ってくれるというのでTRで取り付いてみました。見るからにヤバそうなフェイスですが下部2P目までは余裕。でも2P~クラックまでが手がない!結局会長も、きょうはグダグダや~というくらい落ちちゃって、私とjunjunがビビります。当然のようにTRで取り付きますが、やはりというか案の定というか核心部分が登れません。正対気味にあがろうろとしてもムリムリな状態で・・・手も足も出ないです。結局、TRの不思議な力で少しずつ上に移動しながらクラックにたどり着きました。最終的な話ですが、会長がレイバック気味に駆け上がるムーブで解決してくれるんです、でもそれは私たちにできそうにないムーブっぽい。会長曰く「そもそもカチやら薄いホールドに足を乗せようとするイメージじゃないで」とのこと。足をフェイス中央に移動してスメアと同じ感覚でレイバックしながら上がる、のだそうです。
1493545790736

最後はちゃんと「瞳を閉じて 5.10a NPクラックルート」に取り付きました。ルート自体は難しくないので余裕なのですが、カムを適当なところで効かせながらセットするのが難しいし、むっちゃ緊張します。もう「ガチャガチャ、ガチャガチャ、ガチャガチャ」×10回ぐらい引っ張って確かめます。下の方で会長やらUeさんやら、K会のFさんやらが大笑い!ビレイしてくれている junjun まで肩を震わせて笑っているのです。でも怖いから仕方ないのです。まぁ笑われてるのは仕方ないね~、そんなことより次のカムのセットに意識を集中しないとね!なんとかクラック部分をクリアして、上部に抜けてOS。一応というか、なんというかOSですよ。このあと笑い転げてた junjun もFLしますが、練習用に2本カム持っていきましたが、ルート途中でセットする余裕もなくクラック部分へ突入でした。やーいい、緊張するやろ!怖いやろ!って感じです。でも紳士な私はそんなことを微塵も感じさせずに「お疲れ!」といってしまいますフフン。
bdr

GR神戸26

今日はボルダーオンリー、でも前回の宿題2つをやっつけてものすごーく気分が良いです。
まずはレディースの5番。最後のガバを取りに行くところで右足を上げちゃいけない!ってのがようやくわかりました。右足上げちゃうと壁から体が離れて最後を取りに行ったところで身体が廻ってしまいます。これがわかるまで2回ルートの最後で撃沈。ピンチで引き付けてサッと取りに行けば全然問題なく終了。登れた後に同じところで同じムーブして落ちてる人の姿を見てると楽しいですね(ちょっと心が小さいかも)
bty

2つ目が黒の20番
こいつは登ってる人によってムーブ色々あるみたいですが、下手にリーチあるもので右手ガバ取りに無理やり行こうとして落ちまくりました。これたぶん10回くらい挑みましたよ。で、刻んでクルンクルンしながら行くようなムーブが固まってクリア。大学生くらいの人たちからガンバコールを受けて頑張りました。全然知らない人からのコールでも気合入るもんです。ちなみにこ、ないだの初級セッションでjunjunが「ガンバ!~オチロ~~」って声援送ってくれました・・・その課題はクリアしたけどね!
bty

でもって カム&ナッツを追加しました。
本チャンのクラックマルチルートいくならちゃんと練習しときましょう!ってことで購入。でもNPルートやってる人に聞いたら2セット欲しいね~ということです。初心者なんで、まだそこまでそろえる必要があるか???ですがとりあえず 0.3 ~ 1番 まではOK。団扇くらいでっかい3番まで欲しいけど、急に高くなるし重たい。どうせ揃えるならちょっと値は張るけどULキャメロットにしようか考え中・・・。
bty